困った時は崖に逃げろ

ラインを詰められていたり、着地狩りを狙わている状況など、不利な状態の時というのは、基本的に、こちら側がじっくり考える余地というものは殆ど無く、キツイ選択肢を強いられる場合が多い。そこでの選択肢を間違えると、相手にリターンを取られ続ける状況に繋がってしまいがちである。最悪の場合、被撃墜に直結してしまう場合もある面倒な状態だ。

そんな時、一時的とはいえ、割りと安定してその場をしのぐことが出来る選択肢が存在する。

それが崖に逃げるということだ

具体例を出そう。

  • ラインを追い詰められている場合

→後ろに引きながら空中攻撃を出すことで、その攻撃が通らなくても、その後、崖に逃げ安いので、反確を取られにくい。ローリスクにラインを詰められた後の暴れをすることが出来る。

  • 着地狩りを狙わている場合

特に押さえておきたい事項だ!浮かされた後、崖側に届くのであれば、空中回避や暴れをしながら、崖下に降りて行き、その後に上B等で崖に捕まることによって、着地狩りされるリスクは格段に減る。

※右の矢印のようにステージにそのまま着地しようとすると、着地狩りの餌食となりやすい。しかし、左の矢印みたいに崖へ逃げることで、着地狩りのリスクを減らすことが出来る。勿論、状況次第では、矢印のように崖下まで行かずに、そのまま崖捕まりを目指しても良い。

崖捕まり

崖に逃げるという行為は、スマブラforでは特に強力な防御戦法だ。for以外の世代では、崖捕まり阻止というものがあった。これはどういうものかというと、一人分のキャラしか崖に捕まることが出来なかったため、あらかじめ崖に捕まっておくことで、相手の崖捕まりを妨害し、復帰阻止が出来たり、上Bでの崖捕まりキャンセルを阻止することで、その後隙を狩ったりすることが出来ていたのである。

しかし、forでは何人でも崖に捕まることが出来る仕様となったため、その点で悩まされる心配は無くなった。その場をしのぎたいのであれば、常に有力な選択肢として意識しておくと良いだろう。

ただし、デメリットもいくつか存在する。それをこれから解説していく。

  • 一点読みで崩される場合、大きなリスクとなることも

→崖に逃げると言う行為は、着地狩りされるリスクが減ると述べたが、相手に追撃されるリスクが無くなったわけではない。時と場合によっては、崖に逃げることを読まれて場外まで追撃されてしまい、そのまま撃墜される可能性もある。無論、キャラや状況次第ではあるが、いくら読まれても崖に逃げる事を防ぎきれない状況を作り出す事も出来なくはない。そう言った場合は、更に安全に着地狩り等のリスクから一時的にであるが、安全にしのぐことが可能だ。

  • 崖に捕まっている状況も、基本的には不利である

→一時しのぎと何度も述べさせていただいた最大の理由がこれである。崖に捕まった後は、必ず登らなければいけない。一度も被ダメ無しで再度崖に捕まった場合、崖無敵は付かないので、ずっと崖で待ち続けることも基本的には出来ない。キャラの中には、崖を登ることが非常に苦手なキャラも存在する(ドンキーコングなど)。そう言ったキャラの場合、安易に崖に逃げると、更に状況が悪くなる可能性もあるのだ。

崖に逃げるというのは、不利な状況を一時的にしのぎやすい行為だ。しかし、崖に逃げた後は、絶対に登らなければいけないので、飽くまでその場しのぎであるという点を理解しよう。しかしその難点は、崖の登り方をしっかり理解することで、リスクを減らす事は出来る。

崖の登り方や、崖際の攻防は、当然スマブラの重要な基礎の内の一つである。これらのことについては、後日、他の記事で記載する予定であるので安心して欲しい。

崖を始めとした駆け引きは、他の対戦格闘ゲームでは基本的に存在しないので、スマブラの大きな醍醐味とも言えるかもしれない。崖への逃げ方、崖に対する理解を深めることが出来れば、また一段とスマブラの基礎を確立することへ繋がっていくだろう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告