待ちへの対処方法

スマブラは迎撃が極めて強いゲームだ

自分から攻めるよりも、相手の攻めを迎撃したほうがずっと簡単で対処しやすいことは、何度も他の記事で述べた通りだ。攻めるというリスクを背負うよりも、ガーキャン掴み等で反確を取るほうが、ずっと楽だ。それでいて、一定以上のリターンも確保されている。迎撃をするだけで勝てる相手であれば、こちらから攻める必要は一切無いと言っても過言ではない。

しかし、それはある程度の強さの相手であれば、向こうも分かっていることだ。そうなれば、待ち合いになってしまうのは自明の理であり、迎撃のみで勝つことがなかなか難しくなる。飛び道具合戦で待ち勝てるのであれば、まだ問題ないが、待ち勝てない場合は、自分から相手の待ちをどうにかして崩さなければならない。

今回は、相手が待ちの戦法を用いている時に必要な対処方法を説明していく。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ライン攻めをする

待ちに対する、最も確実で有効な対策手段と言えるかもしれない。どのキャラでも可能な方法であることが大きいからだ。少しづつ歩くなり、小ジャンプ様子見をするなりして、相手に隙を晒さないように注意しつつライン攻めをする。そしてステージ端へ追い詰めることができれば、相手はラインが十分にある状態と比べて、引き動作や取れる迎撃手段は限られてくることになる。飛び道具を撒きながら逃げるシューティングタイプのキャラは、引き続き飛び道具待ちをしたければ、どうにかしてラインを回復しなければならないし、相手の攻めを迎撃することばかり考えているのであれば、端に追い詰められていると碌に引き動作が使えない。

つまり、ライン攻めをするだけで、待ち戦法を用いる相手に対して間接的なアドバンテージを獲得している事を意味する。待ち戦法を好んで使うプレイヤーに対してのライン攻めは、ほぼ例外なく有効な対抗手段と言っても差し支えないので、ライン攻めをして有利をとる意識を必ず取っておくようにしよう。

溜め技を使う

キャラ限定ではあるが、有効な対処方法。

溜め技を見せれば、相手は溜め技を止めるために、待ちから攻めへ転じてくれることがある。それでも相手が待ち続けているのであれば遠慮なく溜めてアドバンテージを得よう。

特にサムス(チャージショット)やクラウド(リミットチャージ)の溜め技は、最大まで溜まると、その後の立ち回りに大きく影響を与えるレベルなので、相手が動いてくれる可能性も高いだろう。

飛び道具で待ち勝つ

遠距離戦に自信があるのなら、徹底して待つのも有効な手。さながらシューティングゲームとも言える待ち合い特化の様相は、別ゲーをやっているかのような感覚となるだろう。

問題点は、キャラがまず限定されていることと、タイムアップが視野に入るレベルで試合が長引いてしまうことが非常に多くなることだ。

攻めと見せかけて相手を動かす

所謂、高度な待ち戦法でもあり、待ちへの対処方法でもある強力な戦法。誰にでも分かるレベルでガン待ちを露骨に見せれば、当然相手も警戒をし、なかなか攻めてくれないことが多いだろう。しかし、こちらがガン攻めと見せかけた待ちをすれば、相手が動いてくれる可能性もずっと高くなる。攻めと見せかけて、その実は待ちが主要な戦法でもあるこの方法は、普段の待ちで相手が一切動いてくれない時に特に有効となるだろう。

しかし、本当に攻めるように見せることは結構難しい上に、リスク管理も大変となる。相手が迎撃を取ってくれるように誘導したつもりが、本当に迎撃されてしまったのでは、お話にならないので、そこの線引きがとにかく難しい。しかし、使いこなせば、待っている相手を翻弄できること間違い無しである。

筆者が好んで使う戦法でもある。動画を見てもらえば分かるが、筆者は攻め特化のプレイヤーであるので、なおさら攻めと見せかけた待ちが相手に刺さりやすいのだ。

待ちを対処できれば、今までよりずっと攻めやすくなるだろう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

コメント

  1. まっさお より:

    攻めと見せかけ相手を動かす…物凄く難しいですよね
    相手を誘うには相手の癖やしたいことをある程度読む必要があると思いますし、そのためには相手を観察するだけではなく、相手キャラをよく知ることも重要になってきますし…
    ただ、習得すれば待ちに対してのみならず、対人戦において強力な武器になりますよね

    だけどやっぱり本当に難しい…

    • サウザー より:

      基礎がある程度確立されている前提で、なおかつ質問者さんの言うとおり、相手を読む必要があるので、本当に難しいです。しかし、相手をこちらから動かすことが出来れば、戦いが本当に変わってくるのも事実ですね。

  2. 初級者 より:

    スマブラにおいて飛道具のリスクリターンが釣り合ってないと言われてるのは、立ち回りがかなり有利になるからでしょうね。ライン管理でも飛道具有り無しでやりやすさが違いますし。
    攻めるふりは本当に難しいです。
    メイン使用キャラがカービィなので、フェイントにひっかかってくれないと攻めてが少ないです。私もガンガン攻めるスタイルなので・・・

    • サウザー より:

      飛び道具は相手を動かしやすいですからね。まともな飛び道具を持っていないキャラや、攻めてにかけるキャラは相手の待ちに本当に苦労すると思います。

  3. まつこ より:

    僕はいつもサムスの溜めて逃げるを繰り返す友人とよく戦うのですが、この記事でライン管理の重要性を改めて実感しました。

    • サウザー より:

      飛び道具逃げをするタイプの人は、例外なくライン攻めが有利になりやすいですからね。実感出来て何よりです。