始めは攻めたら負けの気持ちで挑もう

スマブラは攻めよりも守りの方が強いのは、何度も言った通りだ

スマブラは攻めまくるよりも、一生迎撃して守り続けるほうが、とてつもなく簡単で楽だ。

それは前に書いた記事、『スマブラは攻めより、守り・待ちが強いシステムだ』の通りである。残念ながら、攻めだけでスマブラを支配することは不可能と断言できるぐらいに、スマブラは迎撃が強い。これはもう、そのようにスマブラができているのだから仕方がない。もしも、手っ取り早く、安定して勝率を上げたいのであれば、無謀な攻めを無くせば安定度は格段に上がるだろう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

攻めは有利な時だけにしてみよう

タイトルに攻めたら負けと書いているが、厳密には一切攻めては駄目なのかといえば決してそうではない。我慢して守って、反確を取ったり、相手を場外へ追い出したり浮かしたりすることが出来れば、一転して自分側が有利な状況となる。そうなれば勿論、一向に攻めてもらっても構わない。ただし、自分が不利な時や互角の状況では決して無理な攻めはしないほうが良い。初心者であればあるほどこれは該当する。無理な攻めは、容易に相手に付け込まれやすい。そして相手からすればそれは格好の餌食だ。更に言うなら反確で確定撃墜されまくっているのでは話にならない。反確をされないぐらいの気持ちで臨んでみても良いだろう。

飛び道具がないキャラの待ちについて

飛び道具がないインファイターのキャラとかはどうやって待てば良いのかと疑問に思う人もいるだろう。飛び道具持ちであれば、自然と待ち・守りも形を作りやすいが、インファイターのキャラは、相手に近づかなければならない。それでは、待てないのかと言えば決してそうではない。では、どうやって待てば良いか。答えは実に簡単だ。

少しずつラインを詰めて相手に近寄れば良い

こっちが飛び道具なしのキャラ、相手が飛び道具を打てるキャラの場合で、相手側が待ちに徹していたとする。こちらは、被弾しないように、少しづつ焦らず近づくだけで良い。飛び道具で待つということは、逃げながら飛び道具を撒く為に、必然的に後ろへ下がるはずだ。しかし、ステージの広さには限りがあり、一生後ろへ下がりながら飛び道具を撒くことは出来ない。ラインを詰められたら、相手の後ろへ回り込むなり、飛び越えるなりしなければならないのだ。そこをインファイター側のプレイヤーは突けば良い。

こうすることで、こちら側はローリスクに相手を動かす事ができる。焦って攻めまくっていたのでは、相手側の思う壺だ。

無理な攻めをなくして、適確な反撃をするだけで初心者の勝率は目に見えて上がる

初心者で、とにかく攻めたいと考えているプレイヤーも、一度はその攻めを自分が有利状況になるまでは我慢していただきたい。

筆者もどちらか言えば攻めるタイプのプレイヤーではあるが、有利に状況になるまでは、慎重に立ちまわっていることが多いのだ。そして、その結果、自分の有利状況を作り出して、その後に怒涛の攻めを展開する。これが、スマブラにおけるガン攻めの理想形であると筆者は考えている。

相手を攻めで圧倒したいのであれば、始めの立ち回りは慎重過ぎるぐらいで調度良い。慎重さと大胆さを兼ね備えることが出来れば、プレイヤーとして更に大きく成長することだろう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

コメント

  1. 初級者 より:

    カービィなどのリーチが短く スピードも速いほうではない+てがるな飛道具もないキャラでタイマンやるときは
    相手に待たれると辛かったんですが、これは参考になります。ありがとうございました。

    • サウザー より:

      自分からは動かずに、ラインを詰めて相手を動かすことがコツです。参考にして下さい。

  2. まっさお より:

    初めまして。いつも参考として拝見しております。とてもためになるお話の数々、ありがとうございます

    私事ではあるのですが、先日、格上の方と1on1でマッチングしました。その方が非常に近寄りがたい立ち回りでして、こちらは終始押されっぱなしで…20試合くらい?して殆ど負けました
    でその後、去り際にその方に「がんまち」と名前欄で言われてしまいましたorz
    相手を攻めきれず、慎重な立ち回りという名の引き行動を、多くとってしまっていたのは事実だと思います
    慎重ながら攻めの姿勢を持つ…そういった立ち回りは可能なのでしょうか?また、可能ならばどういったことを意識するべきなのでしょうか?

    漠然とした質問及び長文すいません

    • サウザー より:

      良い質問だと思います。しかし、それはとても難しいことです。質問者さんの質問は端的に言えば、どうすれば格上に勝てるかと言う質問にもなっていると思うんですよね。
      これは基礎の部分にも大きく関わってくることなので、一言で簡単に言えることではありません。基礎を磨くより他無いのです。
      しかし、記事で慎重さや攻めについて掘り下げて執筆する予定はあるので、それを楽しみにして頂ければと思います。

      • まっさお より:

        やはり基礎の徹底は大事なのですね
        基礎を鍛えつつ、サウザーさんの記事を楽しみにしたいと思います

        回答ありがとうございました