飲みの席で思ったこと

注意!今回の記事はスマブラの話とは全くの無関係です。

このサイトについての所にも書いておりますが、攻略系の記事以外も、筆者の日常等を時々記載しようと考えております。理由は色々とありますが、スマブラだけでなく、生活に関することでも参考となったり、より身近な感じとなったりするサイトを目指したいことと、攻略系ばかりの真面目記事ばかりで疲れる時に一服出来るようなことも書きたいと思ったことが理由ですかな。

そして何より、筆者が忙しすぎて、記事が満足に書けなかったり、ネタが思いつかなかったりする日が…ゲフンゲフン

なので、今回の記事は頭を空っぽにして読んで頂いて結構であります。それではどうぞ。

土曜日は仕事帰りの直後、年上の方と飲みの席に行っていて、仕事の話で盛り上がっておりました。それで居酒屋の予約は、もちろん自分がしたわけなんだけど、それで選んだ場所というのが、食べログで評判が高い所(点数3.5以上で評価数も100以上)を厳選した場所なわけです。それで颯爽と予約した場所に行ったわけです。その店は確かに料理は凄く美味かった。それで値段も安く、普通に食べて飲んだのに5000円程度で済んだ。流石は、食べログの評価通りだなと感じたわけですが、ある一つの大きな問題点がありました。

それは、余りにも狭いということです。椅子・テーブルは小さいしガタガタ揺れるし、密度は高すぎる。他の酔っ払い客の声がうるさすぎて落ち着けないわで、とにかく、ゆったりと出来ませんでした。それで痛感しました。

都会の居酒屋の中には、値段を安くクオリティの高い料理を提供できる場所が複数あります。

その値段で理由は、場所代を徹底的に削減しているから。間違いなくこれでしょう。なにせ”お通し”すらそこには無かったのだから。余りにも狭くて全然くつろぐことが出来ず、同席した方に申し訳なさ過ぎたので、早めに切り上げて、2件目を食べログ評価基準で行ったら、またまた狭すぎる店をチョイスしてしまってました。

自分は元々愛媛生まれなのですが、そのような居酒屋は殆ど存在してなかったのでカルチャーショックみたいなものがありましたね。しかし、大阪を始めとする都会では、立ち飲み屋というものもあるから、それが割りと普通な所があるのでしょう。客層も若い人だらけで、雰囲気含めて自分たちはちょっと浮いてました。

値段と料理の質が両立出来るのは、大変結構ですが、飲みの席ではやはり場所も大事。

次から飲みの席をチョイスする時は、場所のことも念入りに調べよう!

心の中でそう誓いました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告